肺がんの治療後とケア

肺がん手術後の状態や気を付けること合併症など

肺がん治療後の状態や緩和ケアについて解説

こちらでは、主に肺がんの手術後の経過や合併症、また「緩和ケア」についてご紹介しています。

肺がんの手術を受けた後はどのような状態になるのか、呼吸機能はどうなるのか、緩和ケアとは何なのか、などについて知りたい方におすすめの内容です。

肺がんの手術では、十分な呼吸機能を保てる範囲での摘出が行なわれますが、肺の一部が失われることで、多少の息苦しさを感じることはあります。

また傷口の痛みはもちろん、場合によっては肺炎や無気肺などの合併症が起こるリスクもゼロではありません。

術後はどのような経過をたどって退院に行き着くのか、息苦しい場合はどうしたらいいのか、合併症にはどんなものがあるのかについても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

また退院後の生活や、定期検診(フォローアップ検診)についての記事もあります。

そして、日本にも定着してきた「緩和ケア」についても詳しくご紹介しています。緩和ケアというと、末期がんの患者さんが受けるモルヒネなどの治療というイメージがあるかもしれませんが、実際はそれだけではありません。

がんの緩和ケアは、身体的・精神的な苦痛を取り除くための包括的なケアであり、がんと診断されたその時点から、すべての患者さんと家族が受けられるものです。

実際の緩和ケアにはどのようなものがあるのか、どうしたら受けられるのかについて解説しています。

また自宅療養という選択や、その際、場合によって活用できる介護保険についての記事もあります。

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ