肺がんの治療

肺癌の外科療法・化学療法・放射線療法など

肺がんのさまざまな治療法について解説

こちらでは、肺がんのさまざまな治療についてご紹介しています。肺がんをどうやって治すのか知りたい方、一つひとつの治療法の詳細について知りたい方におすすめの内容です。

「治療全般」では、主にステージ(病期)ごとの治療方針と、肺がん治療の基本について解説しています。

いつまでに発見されれば手術ができるのか、数ある治療法の中からどのように治療方針を立てるのかについて触れていますので、ぜひ参考になさってください。

「外科療法」では、肺がんで行なわれる手術を種類別に解説しています。標準治療である「肺葉切除術」をはじめ、片肺をすべて摘出する「一側全摘除術」や、病巣だけを摘出する「縮小手術」など、肺がんの手術法はさまざまです。

それぞれ、どんな場合に行なわれることが多いのか、どのような手順で手術が実施されるのかについてもまとめました。

「放射線療法」では、肺がんの放射線療法のメリットやデメリット、副作用などについてご紹介しています。

放射線療法は、化学療法と比べて一般的に副作用が少なく、優しい治療法です。そのため手術のできない高齢の患者さんにも行なわれています。

「化学療法」には、肺がんに使われる抗がん剤の種類や、副作用、治療スケジュールなどについての記事があります。

最近ぞくぞくと開発が進められている、副作用の少ない新しい抗がん剤、「分子標的薬」について知りたい方にもおすすめです。

「その他」では、放射線療法はなぜ必要なのか(抗がん剤との違い)や、標準治療以外の治療法を選択することの是非について説明しています。いわゆる「民間療法」に興味のある方も、どうぞご覧ください。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ