肺がんの5年生存率

肺がんの治療後

肺がんの5年生存率

肺がんのガイド

肺がん5年生存率について、解説致します!

 がんの予後を示すデータとして、5年生存率がよく用いられています。

初回の治療から5年後の時点で生存している患者さんの割合を示したもので、主に治療効果を判定するために役立てられています。

医療機関によっても数値は異なりますが、肺がんの5年生存率は、がんの中では高いほうとはいえないのが現状です。

しかし肺がんとうまく付き合いながら数年、数十年と生活している患者さんもいますので、希望を捨てないことが大切です。

非小細胞肺がんの5年生存率

 肺がんの5年生存率は、病期とがんの種類によって割り出されます。まずは非小細胞肺がんを見ていきましょう。

ステージ 5年生存率
ステージT(手術後) 70〜80パーセント
ステージU(手術後) 50〜60パーセント
ステージV(手術後)
(放射線・化学療法後)
30〜40パーセント
15〜20パーセント
ステージW(化学療法後) 1年生存率が50〜60パーセント

遠隔転移が認められるステージWでは、手術を行うことが難しいため、5年生存率ではなく1年生存率で表されることがほとんどです。

抗がん剤治療を行っても、約半数の患者さんが1年間生きられないことが分かります。

がんは早期発見が第一です。実際、まだ浸潤していないステージ0の5年生存率は、約100パーセントとなっています。

非小細胞肺がんでは、進行が割りと遅めですので、早く発見できれば生存率も確実に上がるのです。

小細胞肺がんの生存率

 全身転移が速い小細胞肺がんでは、基本的に放射線療法と化学療法を組み合わせて治療が行われます。

以下は、放射線と化学療法を受けた場合の生存率です。

限局型 5年生存率が20〜25パーセント
進展型 3年生存率が5〜10パーセント

小細胞肺がんでは、進行がごく速いため、手術が適用されるくらい早期に発見できることは非常にまれです。

限局型であっても、2年生存率で約50パーセントとなっており、予後が悪いことがうかがえます。

しかしこれらの数字はあくまで統計学的なデータであり、患者さん個人によって生存率はもちろん異なります。

また肺がんの5年生存率は、医療機関によってもかなり差があることが報告されていますので、データを参考に病院選びをすることも重要です。

さらに医療は日進月歩で進んでいますので、生存率の数字も年々上昇していきます。希望を捨てず、最善の治療法を受けましょう。

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ