肺がんの遺伝子療法

肺がんの治療法

肺がんの遺伝子療法

肺がんのガイド

肺がん遺伝子療法について、解説致します!

 近年、新しい肺がんの治療方法として注目されているのが、遺伝子治療です。

現在、日本における肺がんの遺伝子治療は臨床研究がスタートした段階となっているため、正確な治療効果が判断できる状態ではありません。

また、治療の方法や技術も今後改良されていくことが考えられ、今行われている治療方法に変化が起こる可能性も大いにあると言われています。

このように、またまだ臨床研究の段階の不安定な状態にある遺伝子治療ですが、肺がんの根本的な治療ができる可能性を秘めているため、多くの方が希望を抱いているものとなっています。

こちらのページでは、この肺がんの遺伝子療法の概要についてご紹介したいと思います(^^)

肺がんの遺伝子療法とは

 がんという病気は、がん細胞が発生し、正常な細胞には見られないスピードで無秩序に増殖するというメカニズムを持っています。

このがん細胞に見られる遺伝子異常に「がん抑制遺伝子の異常」があります。

がん抑制遺伝子は、その名の通り、正常な細胞ががんに変異することを抑制する役割を持っているのですが、この遺伝子が異常をきたすと、がんが発生するということになります。

このがん抑制遺伝子の中でも、特に「P53遺伝子」と呼ばれるものが、肺がんの発生に深い関わりがあるとされています。

正常なP53遺伝子は、細胞の無秩序な増殖を抑制し、がん細胞に対して減少・消滅するように働きかけるという役割を担っています。

しかしながら、肺においてはこのP53遺伝子が異常をきたすケースが多く、このことが肺がんの原因となっていると考えられているのです。

このメカニズムに注目し、正常なP53遺伝子を肺に運び込み、肺がんを抑制・消滅させようというのが、肺がんの遺伝子治療の基本です。

肺がんの遺伝子療法が適応となるケース

 肺がんの遺伝子療法の対象となるのは、以下のようなケースの場合となります。

  • 非小細胞がんであり、かつ手術が難しいとされる場合
  • 化学療法や放射線治療の効果が十分に出なかった場合
  • 手術を行ったが再発が確認された場合

これらのケースに当てはまり、かつ、P53遺伝子に異常がみられた際に、遺伝子治療が適応となります。

つまり、全ての肺がんに対して効果が期待できる治療法ではない、ということですね。

肺がんの遺伝子治療自体、まだまだ確立された治療方法ではありませんが、今後の研究によっては治療範囲が広がり、多くの肺がん患者に適用されるものとなる可能性もあります。

肺がんの遺伝子治療について、これからの臨床研究の進行に注目したいですね。
がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ