肺がんの放射線療法

肺がんの治療法

肺がんの放射線療法

肺がんのガイド

肺がん放射線療法について、解説致します!

 放射線療法とは、X線γ線(ガンマ)などをがん細胞に直接照射することでダメージを与え、死滅させる治療法です。

がん細胞が比較的小さく、周囲に広がっていない時に有効とされています。最近では、より効果的に病巣を狙える「重粒子線治療」という、新しい放射線療法も登場しています。

肺がんの放射線療法はどんな時に行われるの?

 肺がんにおける放射線療法は、積極的な治療補助的な治療の2つに大別されます。

積極的な治療では、外科手術を行えないステージV以降の非小細胞肺がんや、進行の速い小細胞肺がんにおいて行われます。

放射線治療は、特に細胞の増殖が速いがんに効き目が高いとされていますので、非小細胞肺がんよりも小細胞肺がんのほうが良い反応が期待できます。

また脳転移が見られる場合は、転移の箇所が多ければ全脳照射を行いますし、少なければガンマナイフで部分的に照射します。

 補助的な治療としては、がんによる痛みを和らげるための緩和的な治療があります。

たとえば骨転移脳転移がある場合、放射線治療によって痛みを少なくすることができますし、もろくなった骨を安定させて病的骨折を防ぐ目的でも用いられています。

さらに、手術が行えるがんに対しても、放射線治療が併用されることがあります。

たとえば術前になるべく病巣を小さくして、切除する部位を少なくするために行われたり、術後に再発を予防する目的で行われたりします。

最新の重粒子線治療とは?

 放射線療法は外科手術と異なり、切開する必要がないことから傷口の痛みや感染症の心配はありませんが、副作用の問題があります。

照射した部位の皮膚が赤くなったり、または全身倦怠感が出たりすることもあります。

またもう1つ大きな問題が、正常な細胞に与えるダメージです。

通常のX線やγ線では、どうしても体の表面に近い部位が受ける放射線量が高く、肝心の病巣に届くころには弱まってしまう点がネックでした。また病巣を通り越して、深部に与えるダメージもあります。

一方、重粒子線治療では炭素イオン線を用いることで、病巣で放射線量をピークにするよう設定ができ、それ以外の正常な細胞に与えるダメージを少なくすることが可能です。

ただしまだ先進医療の扱いになり、受けるためには300万近い費用がかかります。今後、保険適用となることが大いに期待されています。

がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ