肺がんの治療法

肺がんの治療法

肺がんの治療法

肺がんのガイド

肺がん治療法について、解説致します!

 肺がんの治療方法は大まかに「外科療法(外科手術)」「放射線療法」「化学療法(抗がん剤療法)」に分けられ、それぞれ肺がんの種類や進行度、転移の有無によって選択される方法が異なってきます。

こちらのページでは、肺がんの治療方法の種類についてご紹介していきたいと思います(^^)

肺がんの「外科療法(外科手術)」

 肺がんの治療法として、一般的に優先されるとされているのが、外科療法(外科手術)です。

外科療法(外科手術)は、手術によって直接がん細胞を取り除くことを目的として行われ、浸潤や転移がみられない段階の肺がんで行われる治療法となっています。

早期の非小細胞がんの場合は、外科療法が適応されるケースがほとんどとなっており、小細胞がんでも限局期において選択される治療法となっています。

肺がんの「放射線療法 」

 放射線療法は、肺がんの病巣に放射線を照射してがん細胞を殺すことを目的として行われる治療方法です。

一般的に放射線療法は、外科療法が行えない高齢の患者の方や、全身に転移が拡がった患者の方に対して行われるものとなっています。

また、進行速度が早く早期発見の難しい小細胞がんにおいては、最初から選択されるケースの多い治療法でもあります。

近年は、外科療法を行う前にがんの病巣を小さくする目的で放射線療法が行われることもあり、化学療法と併用してがん細胞の減少効果を上げるといった治療も実施されています。

肺がんの「化学療法(抗がん剤療法)」

 化学療法は、抗がん剤を使用した治療法です。

全身に転移が拡がった肺がんにおいて選択されることが多く、外科療法が行えない場合に適用されるケースが多くなっています。

薬物を使用したがん治療には、抗がん剤を用いる化学療法と、ホルモン剤を使用したホルモン療法がありますが、肺がんの場合はがんの発症リスクに特定のホルモンが関わることがほとんどないため、化学療法が主流となっています。

この化学療法を行う場合のデメリットとして「抗がん剤はがん細胞にだけ作用するのではなく、正常な細胞にもダメージを与えてしまう」というものがありますが、肺がんの場合は遠隔転移が多く見られるため、他のがんよりも化学療法が用いられるケースが多いという特徴があります。

これらの肺がんの治療法は、がんの種類や進行度によって適切なものが選択されたり、併用されたりするものです。

治療法を選択するのは治療を行う医師ですが、その治療方法を選択して決定するのは患者の意志です。

肺がんの治療を受ける際には、しっかりとそれぞれの治療方法のメリット・デメリットを確認し、十分納得した上で治療に入ることをおすすめします。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ