肺がんのCT検査

肺がんの検査・診断

肺がんのCT検査

肺がんのガイド

肺がんCT検査について、解説致します!

肺がんのCT検査 肺がんのCT検査は、内診や問診、胸部X線検査を行った結果、肺がんや胸部の病気が疑われる場合に行われます。

CTは「コンピュータ断層撮影(Computed Tomography)」の略称ですが、胸部X線検査と異なり、X線照射によって確認出来る変化をコンピュータで解析し、断層画像として表示することが出来ます。

ここでは、このCT検査が肺がん検査で重視される理由について、ご説明していきたいと思います(^^)

肺がんのCT検査とは

 肺がんの検査でまず最初に行われるレントゲン検査ですが、身体の正面から撮影するもののため、多くの死角があるという弱点があります。

特に、心臓や横隔膜の影になっている部分はレントゲンに映りづらく、がんがあっても見つけづらいという傾向があります。

それに対して、CTの場合は身体を輪切りにした状態で撮影ができますので、肺が心臓や胸椎の影が見えづらいといったことがなく、より精密な検査を行うことが可能です。

また、CTは高度な機械で撮影・画像処理を行うため、レントゲンに比べて画像が鮮明で、病変部分の状態や様子をしっかりと確認出来るというメリットがあります。

こういった特徴があるCTは、今や肺がんの診断の基本となっており、CT検査を行わなくては治療方針が立たないとまで言われています。

肺がんのCT検査でどんなことが分かるのか?

 CTは、人の身体の断面を数十〜数百枚といった枚数で撮影するという検査方法です。

そのため、身体を輪切りにした断面像から、現在の身体の内部構造を詳細に調べることができます。

特に、肺がん検査で行われるCTでは、以下のような項目が詳細にチェックされます。

  • がんの大きさや形
  • 胸壁などへ浸潤していないか
  • 縦隔まで進行しているかどうか
  • 遠隔転移の有無
  • リンパ節転移の有無

こういった、肺がんの治療方針を決める上で大変重要になる項目が詳細に調べられることが、肺がん検査におけるCTの重要性を決定づけていると言えます。

肺がんのCT検査の流れ

 CT検査は、一般的に機器の自動制御によって検査が行われますので、術着に着替えた後にCT装置に横たわるだけで検査が可能です。

ただし、より正確な診断をするために造影剤(ヨード造影剤)が使用されるケースがあり、その際には事前に造影剤の注射、または点滴が行われます。

また、CT検査はまれに「吐き気、かゆみ、じんましん」といった副作用が起きる場合がありますので、検査を受けることが決まった際には、医師と綿密な打ち合わせを行うことが一般的です。

特に、アレルギーを持っている方や腎機能障害がある方、過去に造影剤を使用して気分が悪くなった経験のある方などは副作用が出やすい傾向にありますので、検査前に医師にしっかり申告しておくよう心がけておいて下さいね。

がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ