肺がんの喀痰(かくたん)細胞診

肺がんの検査・診断

肺がんの喀痰(かくたん)細胞診

肺がんのガイド

肺がん喀痰(かくたん)細胞診について、解説致します!

 肺がんの喀痰(かくたん)細胞診は、痰の中にどのような成分や組織が含まれているのかを調べる検査で、一般的な肺がん検診でも行われています。

肺がんの喀痰細胞診検査は、主に肺門(肺の入り口)にできるがんを発見する目的で行われますが、痰には気管支や肺、喉咽頭からはがれ落ちた細胞が含まれているため、呼吸器全体の様々な情報を得ることができる検査でもあります。

肺がんの喀痰(かくたん)細胞診とは

 肺がん検査で行われる喀痰細胞診は、専用の容器にを摂取し、顕微鏡でがん細胞の有無を調べるという検査方法となっています。

近年、医療の検査においても機械で自動制御といったものが増えてきていますが、実は痰を分析する喀痰細胞診検査の自動化は実現しておらず、今でも人間の眼でひとつひとつの検体を検査しているという特徴があります。

喀痰細胞診は、一般的に3日間に渡って痰を採取するという方法がとられており、検査前に検査用キットが自宅に届き、自分自身で痰を採取して医療施設に提出するというものになっています。

この提出には「自分自身で採取した痰を持って医療施設を訪れる」「キットを郵送して終了」といった方法がありますが、検査を行っている施設によって提出方法が異なりますので、事前にしっかりチェックしておくと良いでしょう。

また、喀痰細胞診は「痰にがん細胞が含まれているかどうか」を判断するもののため、陽性になる確率が低い、という特徴があります。

そのため、肺がんの初期症状がみられる方や、肺がんがとても気になるという方は、喀痰細胞診が陰性であっても、気管支鏡検査による生検(細胞の組織の一部を採取する検査)を行うことをおすすめします。

肺がんの喀痰(かくたん)細胞診でどんなことが分かるのか?

 肺がん検査における喀痰細胞診は、主に「扁平上皮がん」の早期発見を目的にしています。

扁平上皮がんは、全肺がんの35%を占める喫煙との関連性が深いがんですが、初期段階では胸部X線写真に写りづらいという特徴があり、喀痰細胞診での発見が非常に重要となっています。

肺がん検査で行われる喀痰細胞診は、早期がん発見に有効な検査ではありますが、確定診断とはまた別のものです。

検査結果で陽性と出た場合も、まだ「肺がんの可能性があります」といった段階ですので、焦らず慌てず確定診断を受けるようにしましょう。

また、陰性と出た場合も「肺がんがゼロ」という訳ではありませんので、肺がんの初期症状に似た異常を自覚している場合や、肺がんの疑いが感じられる際には、速やかに専門医の診断を受けることをおすすめします。

肺がんの郵送検診やってみました!体験レビュー(喀痰細胞診)

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ