肺がんはがん死亡原因の第1位

肺がんの基礎知識

肺がんはがん死亡原因の第1位

肺がんのガイド

肺がんがん死亡原因の第1位について、解説致します!

肺がんは1位 この数年、テレビや雑誌の保険CM・広告でよく目にする「日本人の死因第一位はがん」といったフレーズ。

目にしたことがない、といった方はごく少数なのではないでしょうか?

この、日本における死因のトップががんという情報は、今や常識ともいえるものだと思いますが、そのがんの中で最も死亡率が高いがんが「肺がん」ということをご存知の方は、意外に少ないようです。

医薬品メーカーのジョンソン・エンド・ジョンソンが、2007年に日本全国の30代から60代の男女1000人を対象に行った、肺がんに関する意識調査は以下です。

「日本人の死因トップはがん、中でも肺がんが一番多い」ということを知らない人の割合 60.1%

という結果が出ています。

現在は、肺がんの情報もインターネットなどで手に入りやすくなり、公共の肺がん検診なども行われているため、肺がんの死亡率の高さについての認知度は2007年よりも上昇しているはずです。

しかし、それでもまだまだ「肺がんは死亡率が高い」という現状をご存知でない方も多いはずです。

ここでは、日本における肺がんの死亡率について考えていきたいと思います(^^)

男性の肺がんの死亡率は、急激に上昇している

 近年、日本における男性の肺がんの罹患率、死亡率は急激に上昇しています。

例えば、男性の人口10万人当たりの肺がんによる死亡者数を例にとると、2000年には60人だったものが、2010年には80人へと急増しており、わずか10年で約3割も増えているのです。

この短期間での肺がんによる死亡率の増加は、大変大きな問題です。

しかも、この死亡率の上昇は女性よりも男性に顕著なもので、喫煙が深く関わっていると推察されています。

ここで「喫煙率は年々下がっているのに、なぜ肺がんの死亡者数が急増しているの?」と疑問を抱く方もいらっしゃるかもしれませんね。

確かに日本における喫煙率は年々下降しており、平成24年現在、全年齢でみた喫煙率は、男性32.7%、女性で10.4%です。

10年前の平成14年の段階で、男性49.1%、女性14.0%ですので、着実に喫煙人口は減少しているのです。
(参考:http://www.health-net.or.jp/tobacco/product/pd090000.html)

それにも関わらず、この数年で肺がんの死亡者数が急増しているのは、肺がんに「肺に発がん性物質が蓄積することで発症リスクが高まる」という特性があるからに他なりません。

数年の喫煙で、発症率が急に上がるということはない、ということですね。
肺がんが発症する確率が急激に上るのは、喫煙を開始してから30〜40年後といわれています。

つまり、喫煙率が肺がんの罹患率や死亡率に反映するのにはタイムラグがあるのです。

また、今から40年ほど前の男性の喫煙率は丁度ピークを迎えており、ゆうに80%を超えていました。

このことが、現在の日本において男性の肺がんの罹患率と死亡率を急激に上昇させる原因となっているのです

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ