肺がんの発生リスク

肺がんの基礎知識

肺がんの発生リスク

肺がんのガイド

肺がん発生リスクについて、解説致します!

 肺がんのリスク要因を考える上で切り離すことが出来ないのは、やはり「喫煙」です。

欧米においては、喫煙者の肺がんの発症リスクは非喫煙者の20倍以上ともいわれており、煙草が肺がんの原因であるということは、もはや疑いようのない事実だと考えて良いでしょう。

ここでは、このことを踏まえた上で、肺がんの発生リスクについて詳しくご紹介していきたいと思います(^^)

組織型別 肺がんの発生リスク

 肺がんの組織型別の発症率を見ていくと、第一位が腺がん、第二位が扁平上皮がんとされています。

腺がんでは喫煙による発生リスクはそれほど高くないと言われており、男性2.3倍女性1.4倍となっています。

それに対し、発症原因として喫煙が第一にあげられる扁平上皮がんでは、男性12倍女性11倍にも上るという推計があります。

ちなみに、肺がんの発生リスクを組織型別にせず総合してみた場合、2008年に行われた日本人を対象とした研究では、男性で4.8倍女性で3.9倍という結果が報告されています。

これらのデータから、喫煙が肺がんの発生リスクに大きく関わっているということは、疑いようのない事実だということがお分かり頂けると思います。

受動喫煙による肺がんのリスク

 喫煙者の方が非喫煙者よりも肺がんの発症リスクが高いということは、もはや疑いようのない事実です。

では、本人に喫煙の意志がないにも関わらず、周囲の煙草の煙を身体に取り入れてしまう、受動喫煙についてはどうなのでしょうか?

受動喫煙によって肺がんの発生リスクが高くなるという化学的根拠は、最近の肺がんの研究結果において「十分ある」と考えられています。

現在の日本においては、受動喫煙者の肺がんのリスクは、受動喫煙者がいない方に比べて20〜30%も高くなると推計されており、男女の割合としては女性の方が高いと言われています。

近年、公共の場で分煙・完全禁煙が推進されるようになってきているのも、単に煙草のマナーの問題だけでなく、こうした受動喫煙による肺がん発生リスクを軽減する目的があるとも言えるでしょう。

また、喫煙によるがん発生のリスクは、煙草を吸う人の遺伝的素因で変わってくる可能性があるとの研究報告もなされてきています。

これは、煙草に含まれる発がん物質の代謝経路にある、酵素の特性や活性を決定する遺伝子の型によって変わると言われていますが、まだまだ研究途上のため、根拠として明確なものではありません。

しかしながら、がんの遺伝子関連の研究は、肺がんの発生リスクを考える上で、これからの研究成果が期待される分野であるとも言えるでしょう。

がん保険の必要性が高い肺がん治療

肺がんは先進医療に指定されている重粒子線治療や陽子線治療などの適用があり、1回300万円以上しますので特にがん保険の必要性が高いがんです。

がん保険はがんになってからでは加入できませんので治療費が心配な方は、がんになる前に一度資料請求をして検討してみるとよいでしょう。

FPが選ぶおすすめがん保険人気ランキングの1位と2位

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ