肺がんと喫煙(たばこ)

肺がんの基礎知識

肺がんと喫煙(たばこ)

肺がんのガイド

肺がん喫煙(たばこ)について、解説致します!

 喫煙という習慣が肺がんを引き起こす原因の一つとなっている事は、今や明らかな事です。

喫煙をすることで肺がんのリスクは確実に高くなる、このことは統計的にも医学的にも表明されている事実です。

ここでは、肺がんと喫煙(たばこ)の深い関連性について考えていきたいと思います(^^)

なぜ、煙草が肺がんのリスク要因となるのか?

 そもそも、なぜ煙草を吸うと肺がんのリスクが上昇するのでしょうか?まず、煙草の煙の中には以下のような物質が含まれています。

・煙草自体に含まれている物質
・煙草に含まれる物質が不完全燃焼を起こして生じる「化合物」

このうち、問題なのが2つ目の不完全燃焼によって生じる化合物です。

この化合物の種類は数千にも上るとされていますが、その中には「ニトロソアニン類」「多環芳香族炭化水素化合物(たかんほうこうぞくたんかすいそかごうぶつ)」といった、数十種類の発がん性物質が含まれています。

これらの発がん性物質は、体内に取り込まれた後に酵素で活性化され、NAと結合することで遺伝子の変異を促すという厄介な性質を持ちます。

そして、この遺伝子の変異が「がん遺伝子」「DNA修復遺伝子」「がん抑制遺伝子」などに徐々に蓄積していき、肺がんを引き起こす要因となると言われています。

喫煙の習慣を持つ方の場合、遺伝子の変異が、肺の細胞や遺伝子に毎日確実に蓄積していくこととなるため、肺がんのリスクが年々上がっていくということになります。

ブリンクマン指数(喫煙指数)と肺がん

 ブリンクマン指数とは、喫煙が身体へ与える悪影響をはかる一つの指針として、日本で広く用いられているものです。

この指数の出し方は非常に簡単で

「1日の喫煙本数×喫煙年数」

で導き出すことが出来ます。

例えば一日20本煙草を吸い、30年間の喫煙年数がある方の場合は「20(本)×30(年)=600(ブリンクマン指数)」となります。

肺がんのリスクを考える場合、このブリンクマン指数で600という数値が一つの基準とされます。

ブリンクマン指数が600を超えると、肺がんの危険性が急上昇すると考えられ、非喫煙者と比較して20倍肺がんになりやすいと言われています。

非常に簡易的な指針ではありますが、誰にでも分かりやすく簡単に喫煙のリスクを認識できるという意味で、ブリンクマン指数は有用なものであると言えるでしょう。

喫煙を習慣にされている方は、このブリンクマン指数を出し、喫煙が人体に与える影響度を確認されてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

肺がんの臨床試験・治験募集

以下は現在募集中の治験の広告となります。

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ