肺がんとがん保険

死亡者数1位の肺がんにはがん保険がとても大切です!

肺がんでがん保険が重要な理由

肺がんのガイド

肺がんに備えるがん保険はとても大切です!

 肺がんは、一般的に見つかりにくいがんだと言われています。健康診断などでたまたまエックス線検査を受けて、肺がんが見つかったというケースが多いのです。

ですので、気がついたときには、重度の症状が出ていることが多く、重症化しているため治療費も格段にかかります。ですので、その備えとして、がん保険が重要なのです。

がんの治療は、症状が進めば進むほどたいへんで、その費用も莫大になります。 また、通院回数が増えるため、入院後の通院をサポートする特約のついたがん保険などが有用です。

一般的に、がん治療は高額療養費制度が使え、自己負担は毎月一定額ですが、入院したときの差額ベッド代、食事療養費、雑費、通院時の交通費などは自己負担です。

また、保険適用外の漢方薬や、サプリメント、ウィッグやかつらなど、自己負担の合計額は、50万円前後といわれています。

高額療養費を利用した場合の自己負担額の計算式は以下です。

  • 70歳未満で上位所得の人なら、「15万100円+(総医療費−50万円)×1%」
  • 70歳未満で一般所得の人なら、「8万100円+(総医療費−26万7000円)×1%」
  • 70歳未満で低所得の人なら、「35400円」
  • 70歳以上で現役並み所得者なら、「44400円」
  • 70歳以上で一般所得者なら、「8万100円+(総医療費−26万7000円)×1%」
  • 70歳以上で非課税世帯なら、「24600円」
  • 70歳以上で年金収入80万円以下なら、「15000円」

 がん保険は自己負担分をカバーする保険であると考えると良いでしょう。
また、一般の医療保険に入っておられる方は多いと思いますが、それだけでは、がん治療は完全にはカバーできません。

仮に、一般的な医療保険(入院時の給付10000円/日、通院時の給付5000円/日)と、がん保険(入院時の給付10000円/日、通院時の給付5000円/日)に同時に入っていたとします。

20日入院すると合計40万円の給付が受けられる計算になります。先ほど申し上げた自己負担分の50万円をカバーすることはできませんよね。さらに通院に30日かかったとして合計30万円の給付。ここまできてようやく、自己負担の額をカバーできる金額になります。

手術には120万から150万(保険適用前)という莫大なお金がかかりますし、保険適用外の薬を使うケースも考えられます。

保険適用外で高額なのは抗がん剤です。3ヶ月を1クールとして、1クールで20万円。それを4クール(1年)ほど行います。これだけで80万円です。

新しい放射線療法である「重粒子線治療」を受けた場合は全額自己負担で300万円。とてもじゃないですが、保険無しでは手がでませんね。

肺がんは治療のバリエーションが多々あり、トータルでいくらとは一概には言えません。どの治療を選択するか、どんな治療生活を送りたいかによるのです。一般的な例でいうと肺がんの平均治療費は、トータルで150万円といわれています。

最近の傾向として、がん治療は入院日数が減り、通院での治療日数が増えてきているというデータがあります。国の傾向としても、入院期間を減らし、医療費を削減しようという流れになってきています。

さらに入院給付金、通院給付金もつきますので、がん治療にかかる想定外のお金も、こちらでまかなう事ができます。これらは、ただでさえ不安定になりがちながん治療に挑む精神状態を、少しでも落ち着いたものにしてくれるでしょう。

また、がん治療は手術して終わりではなく、長期化するケースがほとんどです。短い期間で5年、たいていは10年前後の期間がかかります。その間のマネープランニングは立てていますか?

貯金や医療保険で賄えない不測の事態に備えるのが、がん保険なのです。ですので、治療が長期化すると考えられる肺がんにとって、がん保険は非常に重要です。

肺癌とは

 肺は酸素を取り入れ、二酸化炭素を排出する胸の器官のことです。肺がんはその肺の器官や気管支やその周囲に存在する小さな肺胞などの細胞ががん化したものです。

そして肺がんは、リンパの流れや血液の流れによって全身に転移していくことが考えられる、非常に恐ろしいがんなのです。肺がんは、小細胞肺がんと、非小細胞肺がんに区別されます。

小細胞肺がんは、肺門という場所に発生するがんのことで、非常に増殖速度が速く、ほかの臓器や脳・骨などに転移しやすい悪性のがんです。ですが、放射線治療や抗がん剤が効きやすく、積極的に治療していけます。

一方で非小細胞肺がんは、小細胞がんではないがんの総称で、腺癌・扁平上皮癌・大細胞癌3つにわかれています。化学療法が効きにくく、手術での治療がメインとなります。

日本では罹患した後の死亡率が最も高く、見つかりづらく、見つかった際は重症化しているというケースが多いのです。肺がんは胸のがんなので、タバコとの関係が非常に深いとされています。最近では副流煙による受動喫煙での肺がんも懸念されています。

もちろん、タバコを吸わない人も、肺がんにかかる可能性はあります。喫煙が肺がんのもっとも高いリスクと考えられ、タバコとは関係が切り離せません。

肺がんの症状としては、血痰、胸痛、息切れ、発熱などがありますが、これらはほかの呼吸器系の病でも同様の症状がでることが多く、必ずしも肺がんの症状とは限りません。

また、肺がんは症状が出ないことも多く、気がついたときには症状が進行しているということがままあります。胸部X線検査や、CT検査などで発見されることが多いです。

がん保険とは

 がん保険の加入率は、3割ほどだと言われています。

がん保険とは、肺がんを含めたあらゆるがんが発見されたとき、給付を受けるものです。一般的には診断を受けたときにもらえる診断給付金、入院時に日額が給付される入院給付金、手術後の通院に支払われる通院給付金で構成されています。

一般的に、診断給付金は100万円、入院給付金は日額10000円、通院給付金も日額10000円というのが平均的ながん保険のプランです。また、手術に応じて、10万円程度の一時金が支払われることもあります。

肺がんの実際の治療費ですが、大体平均して200万円といわれています。それだけの貯蓄があれば、がん保険には入らなくても大丈夫だと思いますが、その200万円はほかの事で必要になるかもしれません。

がんは日本人には大変多い病気です。がん家系かもしれないし、そこまでの急な出費に対応できる貯金がないかもしれません。そんな人は、月々3000円程度から入れるがん保険に入っておくのが、安全なのではないでしょうか。

がんと診断されたらすぐに給付金がおりるがん保険は、いざというとき大変心強い見方になってくれると思います。

また、がん治療で見逃せないのは、手術後の収入の変化です。通院のため、あなたは仕事を休みがちになるでしょう。転職を余儀なくされるかもしれませんし、そうでなくとも、仕事が減って給料が下がることが考えられます。

そんなときでも、がん保険の診断一時金で100万円がでれば、とりあえずは減った給与の分をカバーでき、当面のお金の心配はなくなるのです。そう考えると、がん保険の診断一時金は長い治療生活を考える上での重要な収入源になるでしょう。

がん保険は各社がこぞって出しており、最近力を入れている商品のひとつです。日本人の生活習慣病とも言えるがん。がん保険に入って備えましょう!

 ほけんの窓口 来店型保険ショップ店舗数NO.1であり、相談は何度行っても無料!(収益は保険会社からもらっています。)こちらは保険会社ではなくあくまでも保険の相談を請け負って最適な保険を提案する独立した企業ですから、とても安心できます。累計相談実績70万件以上の長年の安心感があります。

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ